【1年以上空室でキャッシュアウト気味】空室率50%から残1室へ!】

住む人のことを考えて
空室をリフォームする
フィーリングリフォーム®️
空室対策アドバイザーの
蓮 依子です。

 

今日は、フィーリングリフォーム®️事例
空室対策アドバイザーの大脇ちさとさん
の個別相談会に参加された

 

東京都内在住の
サラリーマン大家さんが
2DK物件について
感想をシェアします。

 

ここからです

現在の所有物件の空室が目立ちはじめ
特に横須賀市浦賀の物件は
1年以上空室のまま。

 

管理会社からも、
厳しいと言われていた
場所でした。

 

相談させて頂き感じたのは

 

●管理会社任せにしないこと

 

●経営者意識を持つこと

 

●自分自らが物件の営業マンになること

 

その後アドバイスを受けながら
仲介会社回りや、
ステージングの設営を実践しました。

 

「ジモティをやってみては?」
とアドバイスを頂き
本当に効果があるのか分からず
半信半疑でやりました。

 

がしかし

その結果1年以上空室だった部屋が
ジモティの問い合わせで
決まりました。

 

その後他の部屋も仲介会社さん経由で
決まりました。

 

管理会社任せにしないで、
自分で現地にいき
行動する事が大事だと実感しました。

 

空室相談を受ける事で
自分でも見えていない
物件の問題点や、

 

部屋の写真の撮り方など
とても参考になりました。

 

6室中3部屋が空き
キャッシュアウト寸前でしたが

 

 

今回の行動で2部屋埋まり
行動して良かったです。

ぜひ

 

1年以上空室のままである大家さん
個別相談に行ってみてください。

 

何かヒントを頂けると思います。

 

ここまでです。

 

サラリーマン大家さんご感想を
ありがとうございました!

 

「ジモティ」

 

こちらはご存知ですか?

 

有効だと思われる地域や
物件、ペルソナ設定をしてみる

 

オーナーさんには時々お話しします!

 

結果が出る空室対策で空室が
埋まるといいですね!

 

今日もお読みいただき
ありがとうございます。

 

理想の入居者さんと出会い
あなたの空室が
1日も早く埋まることを
心から祈っています!

 

空室対策アドバイザー
蓮 依子

Pocket