あなたにとって住みたいお部屋はどんな部屋ですか?

サラリーマン夫婦の空室
が公開即日で満になる
空室対策アドバイザーの
蓮 依子です。

 

どのようなお部屋が
入居者の方に好まれるのか。

 

空室対策のポイントをご紹介

 

空室対策の要は家賃の適正化
お客様が物件を決める際に
重視するのは何といっても家賃です。

 

空室対策で一番大切なことは、
地域の家賃相場をリサーチして、
家賃や契約金を適正価格に見直す
ということではないでしょうか。

 

建物を維持するコストも必要ですから、
何が何でも家賃を安くして
入居者を確保する必要はありません。

 

しかし、冷静な第三者の目を交えながら、
賃料を見直していくことが、
空室対策を考える上では大切なことです。

 

「この部屋に住みたい!」
と思わせる環境づくりを
家賃の適正化に加えて

 

「住みたい」という気持ちを
後押しすることも大切です。

 

清潔感溢れる第一印象
内見者が

「きれい!」という第一印象
を持っていただけるかが、

入居するかしないかの
大きな分岐点になるということです。

お読みいただき
ありがとうございます。


あなたの空室が1日も早く
埋まることを願っています^ ^。

 

空室対策アドバイザー
蓮 依子

Pocket