思い描いた入居者、もし、高齢者だったら?

サラリーマン夫婦の空室
が公開即日で満になる
空室対策アドバイザーの
蓮 依子です。

もし、思い描いた入居者様が
高齢者のご夫婦だった場合。

高齢者の年齢はいろいろありますが、
65歳から70歳からが高齢者としましょう。

約70歳と80歳の方の二人が入居。

不安!?

ご存知の方もいらっしゃる
と思いますが、 賃貸では物件
や大家の意向、 管理会社の
意向により、

ある年齢以上は貸していただけない
場合があります。

ある年齢とは、高齢者だったり、
場合によっては60歳以上も
難しくしている物件もあります。

そしてこのある制限を
している物件ですが、
はっきり言って多いです。

良いと思った物件に必ずしも
誰もが入居できるとは限りません。
ハードルは高いです。

さて、そのハードルである
【入居の条件】を確認する必要があります。

条件!? 条件とは、
・そもそも高齢者が住んで良いか
・物件の近隣に入居者の身内がいるか
・元気か ・契約者を身内の方にできるか
・保証会社をつかえるか
・身内の方が保証人様でその内容が合うか
などなど細かいことは他にもありますが、

契約に際し、
土台となるのはこんなところ

次に高齢者が入居するにあたって
大家や管理会社は何が心配なのか。

・職をもたないための家賃の支払い、
又は職を持っていても基準に足りない

・いつ職を失うか不安、再就職が難しい

・火の元の不注意

・ご病気 などなどです。

以上は高齢者に限りませんが、
若い方より不安は強くなります。
敬遠される理由です。

入居できる物件はある!!
ですが、先程の条件を
満たせるのであれば審査の上、
ご入居できる物件もあります。

契約までの内容は、

・契約者がご子息(近隣には住んでいませんでした。)
・保証会社の利用
・緊急連絡先に身内の方かつ近隣に住んでいる
・ご入居者様の面接
ご契約者様がご子息になってもらい
『親の面倒は見なさいよ』と形をとります。

さらに保証会社の利用によりお家賃面
(滞納など)をバックアップ
(その他にもバックアップしている
ことがあるかもしれません。

物件を貸す側が、
入居者様との面接により
人柄を見たり、
守っていただきたい
ことをお話ししたり、
本当に元気かどうかを確認。

ますます高齢者が増える
世の中では高齢者にも間口を
広げるのも空室対策の一つだということ。

遅かれ早かれ高齢者は増えます。
条件の見直しとそれに伴う
マネージメントの重要さを
またあらためて感じました。

ネガティブな要素があっても
補完できる管理スキルや

コミュニケーションが良い物件を生みます。

そして確認の電話を惜しまないこと
不安を取り除けるような形を
お客様とともに作り、
それを伝え、交渉できるように
努力すること!!

入居者様の募集も個性があります。

ひとつひとつ案件に合った
カスタマイズが必要です。

チャンスを逃さない分析と工夫、
そのうえでの努力が良い結果を
呼び込むコツなのかもしれません

 


お読みいただきありがとう
ございます。


あなたの空室が1日も早く
埋まることを願っています^ ^。

 

空室対策アドバイザー
蓮 依子

Pocket